「かたい」

s_1_20170813111025dd1.jpg

バルディッシュザンバーが完成したので
ダクネスに装備させて「かたさ」を確かめてきました。


ダクネスのパーティアビ防12%、
カイのパーティアビ防12%、
マミの結束防10%、
シーシャンの結束防10%、
リゲルの結束防12%、
李紅蘭のサブアビ防12%、
シャディアのサブアビ防11%、
ダクネスの絆防7%、
シャディアの絆防2%。
バルディッシュザンバー2%(らしい)。

ダクネスが攻撃を受けるたびに
かかるバフ最大防10.5%、
毒衰弱スロウ呪いにかかると防10%、
防御アップアビ8%、
自身より後ろに味方が2人以上で防15%。



なんかよくわからんがガッチガチということです。

一応使う前提で考えているので
ちゃんと僧侶を入れています。




どうでもいいことなんですけど
堅い硬いどちらを使えばいいのか
毎回書くときに考えていました。


堅いは守備が堅いとかに使いますね。

ということは実際のかたさではない感じ。



硬いは本当にかちかち。

石は硬い。



でも表情が硬いとか実際のかたさではないし...

守備が固いともいうし...



対義語を調べると
堅い⇔もろい、硬い⇔軟らかい、固い⇔緩い。


逆の場面の時に緩いとは言わないので
堅いか硬いが多分正解。


守備的な面でいえば堅いが正解っぽいですが、
個人的には硬いのニュアンスで使ってきたので
これからは全部硬いでいきます。



まあひらがなでもいいんですけどね(笑)

日本語って難しすぎるわ。




























s_2_20170813111026b17.jpg

ドーナツ遠隔攻撃1発588。

ちゃんと限界までバフが伸びているか分かりませんけど
これかなり軽減されていますよ。


同じだけ結束がかかっているカイが912。

この人もまあまあ硬い人なんですけど差は歴然。




ちょっとわかりづらいので、
防御結束が無いパーティ(サブは同じ)で受けてみると、


























s_3_201708131110270f3.jpg

こうなります。

そうです、この攻撃本来はやばいやつなんですよ。


全弾直撃したら落ちちゃう時もあるので
遠距離攻撃か範囲スキルで倒すのが基本です。



こいつらを苦にしないだけですごい。




うーん、もっと分かりやすい場面は...



























s_4_20170813111029c06.jpg

対自爆ゴブリン。

これを3364にまで抑えられるとか凄すぎ。



普通なら、

























s_5_20170813111030596.jpg

もちろん即死。

絶対に避けなければならない攻撃です。

























s_6_20170813111032333.jpg

しかも状態異常になれば火力にも期待できます。

攻結束2人だけで7700は相当強いです。



どうでしょう、
ダクネスの強さ、硬さが十分伝わったでしょうか?





でも、


























s_7_20170813111034b86.jpg

チャーノはもっと硬い。


この人は常に移動させるのが面倒なだけで、
使ってみると結構強いです。

攻撃をおろそかにせず防御で結束を組めるので
より実用的なのはこちら。

初回のバリアもあるしね。



でもそのあとのスキルがゴミ。

それとコストが高い。



その点ダクネスはスキルが優秀。

無敵での足止めとランダム3連撃は
どちらとも強く、1マナで発動できます。



つまりどちらも強いし硬いしめんどくさい。





この人達の防御力が活きる場面が欲しいですよねー

火力の無さを防御面でカバーできる時代が来ないかなぁ。



もうそろそろ火力方面のインフレは打ち止めにしてさ。


↑よろしければクリックおねがいします。

コメント

非公開コメント